いけばなは、仏前供養の供花から次第に発展して室町時代に成立したといわれてます。時代が下がるにつれて茶の湯の花として茶花が生まれました。江戸中期にはいると豪華な立華の代わりに、庶民の生活にあった花がますます盛んとなりました。未生流はこの時期に創流されました。

未生斎一甫によって未生流は大阪の地で創流されました。一甫の華道理論は儒教、老荘の思想、仏教の思想を根底としており挿花を通じて自己の悟りを開くという、精神的に極めて高い境地を開いたものです。

現在は、格花の伝統を保持し、新花も昭和初頭に形式が整備されて着実に充実しております。現在は肥原 慶家元が十代未生斎を継承しさらなる発展につとめてます。